• コネクタ
  • 事務機器
  • 光学映像機器
  • 設備機器関連部品

日本精機工業の取り組み

これからの企業に必要なこと、、、それは地域社会との共存共栄。
社会的な活動を通して、より豊かな人間性と高度な文化レベルを形成する為の様々な活動を行っております。
例えば<著名なミュージシャンを招いてのサロンコンサートの開催>
※サロンは日本精機工業内の食堂をサロンスペースとして解放、歴史的に価値のあるピアノを常設し、最高レベルの音楽や音に触れる機会を提供しております。

● 日本精機工業株式会社 CSR活動指針

1.人

人権を尊重し人材を育成する

人種、国籍を問わず差別しない。そして教育指導を重ね心・技・体ともに優れた人材を育成する

安全衛生に努め、より良い職場環境を作る

工場、職場環境に目を配り、安全と健康を常に考える

会社の繁栄と共に働く人の福祉向上を図る

就業規則・規定の改良、改訂をフレキシブルに実行し、働きやすい会社創りを行う

2.企業価値

誠実で公正な企業活動を行う

市場・顧客・協力企業に対して、誠実かつ公明公正な取引を図る

より安くよりより良いものを造って顧客、市場に供給する

QCD共に業界トップを目指して活動する

企業倫理および法令を遵守・励行する

企業運営に関わる様々な法令を熟知して遵守し、また社員一人ひとりも法を守る。倫理を遵守する

3.環境保護

事業活動を通じて地球環境保護に積極的に取り組む

守るべき環境法令、活動を熟知して実践し、出来うる活動には積極的に参加する

4.地域社会

地域社会と協力し共生を図る

地域大行事や地域要望事項への協賛や参画を行う

社会貢献活動を行う

大災害発生時の出来うる支援、公的事業への協力を実行する

● CSR生産体制

日本精機工業株式会社では、代表取締役を最高責任者としてCSR担当役員を置き、CSR方針によるCSR委員会の設置をもって様々な対策、向上活動を推進するが、活動に必要な体制を明確化させると共に、活動に於ける規程と仕組みを策定、構築してこれを実施する。又、CSR委員会及び事務局は実効性の確保と継続的改善を行う。